ANTIQUES & OUTDOOR

交換レポの件ですけど、、、、、

実は交換風景は手がブレーキフルード汚れで カメラを持てない感じで、あまり撮れてないのです。

e0028485_2131113.jpg


もうすでに ブレーキコントロールバルブが外れています、
フレアーナットも意外にてこづら無く外すことが出来ました 小さな狭い空間の為工具の角度に気を付ければ大丈夫です、

e0028485_2173745.jpg


ブレーキフルードで汚れた バルブです
このバルブの下側の miniのボディーが ブレーキフルードに侵されてしまって、、、、

e0028485_2205635.jpg


コントロールバルブのボディーを取り付けているボルトはたったの1本で それを少しだけ取り付け バルブが少し動くようにして ブレーキパイプ4本を 下側から順に取り付けていきます、フレアーナットは必ず手で締めて行きます いきなりスパナは厳禁です、すぐにねじ山を 破損させてしまいます、ブレーキパイプ4本がある程度締まったら ボディーの取り付けボルトを本締めし 最後にフレアーナット4つをキッチリ締め付けて 後は4輪ブレーキパイプラインのエア抜きを実施してから 取り付けしたブレーキコントロールバルブのフルード漏れの確認し漏れも無い事で完了と 相成ります、、、、

    僕は mini1000キャブ君の修理をしている時間が大好きで お世話してあげていると彼はご機嫌なんです。完璧な自己満足ですね、、、、、。

                               @@
[PR]
by snowpeaker2002 | 2013-02-10 01:15 | classic mini