ANTIQUES & OUTDOOR

五月五日は、、、、、。

僕にとって連休最終日は5日 引き続きミニ1000君に SayHaloのジャンケン大会で 見事当たった→自分で勝ち取ったモノでは無く奥さんが勝ち取ったmonoで、、、。それを取り付けるべく早速分解に取掛かる、フロアカーペットをはぐってフロアパネルの錆が少し気になり(それ程ひどい状態では無いけど)錆落としをしておく、次に本題のアクセル交換と相成り、ナット2本を取り外す ワイヤーを外し オリジナルアクセル部品はあっさりと外れる 左側ナットが閉まっていなかった、←少し気になる が 取り付けに掛かる アルセルワイヤーを取り付け ワイヤーの角度に気をつけて慎重に 本体ブラケットの取り付けナットを左右均等に締め付ける 左側ナットが何時になっても 締まらないのに気が付く ナット側のねじ山を確認するが問題無い 建て付けのボルトがダメになっているようだ なので簡単に外れた訳だ、、、多少トルクの掛かるところで左ナットは締め付け中止し右ナットを規定トルクで締め付け完了させた、ガタツキや踏み込みフィーリングも違和感が無いので問題なしと判定。アクセルが見た目イイ感じに、、、、変化した。
 しかしその後全く違う事でミニ1000君の隠れた病巣を発見する事になる、あすに つづく、、、、、。

e0028485_2101937.jpg

[PR]
by snowpeaker2002 | 2013-05-07 02:11 | classic mini