ANTIQUES & OUTDOOR

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

FIRE-KING.....

アメリカン.コレクティブルズの代表格.ファイヤーキング.オーブングラス.デットストックのステッカー付き.SAPPHIRE.BLUE. dessert cup 6oz. このオーブングラスのカップはアメリカで1941年~1956年の間に製造され販売された、耐熱食器でいかにもアメリカンチックな分厚いガラスが特徴のメーカーだが、このデザートカップは珍しく薄いガラスで古いガラス食器のわりに 特有の気泡が少ない フィールビーの模様が古臭く、時代を物語っている、
e0028485_0524294.jpg

ガラスの色が特徴で 商品名の通り、サファイヤ.ブルーで、ガラスの切り口や底が 光を屈折させた時、その色が発色する、50~60年前の耐熱ガラスのカップ、その他に マグカップやレストラン.ウェア ミキシング.ボウルなど.....時間を見てアップします。 最近休みが取れずなかなか更新できません...あしからず。
[PR]
by snowpeaker2002 | 2006-02-24 01:19 | ANTIQUES

ESPRESSO!!

最近 エスプレッソにハマッテイマス、、
現在 オリンピックの開催国の イタリアが故郷で、
イタリアでコーヒーといえば、ESPRESSOだそうです。
語源は イタリア語で 急行、早い、という意味で
ある程度の蒸気圧をかけて、25~30秒程度で
小さなデミタスカップにシングルの量をすばやく抽出する、珈琲。
e0028485_0351113.jpg

これが なかなか 上手に出来ない!!!
パーフェクトなエスプレッソは、よい豆、よいマシン、よいバリスタ、
バリスタとは...エスプレッソをサービスする人イワユル職人さん。
その日の天候や湿度によって豆の挽く細かさや抽出速度、などを
変えるようで、誠に 奥が深いのである。
e0028485_0443555.jpg

さっそく、デミタスカップも揃えてみました。これが実に小さい、無理を言って
カフェの店主より、売ってもらったもので、器がいいと、中身も美味く感じる??
普通のコーヒーとは明らかに違い、珈琲豆の持つ あの深い香りが
ほんの少しの量を口に含んだ瞬間に広がる、
飲み方としては、とにかく普通の珈琲の3~4倍くらい濃いので 砂糖を
小さじ2杯程いれて とにかく苦味をとる そうする事によりエスプレッソの持つ
珈琲豆本来の香りと甘味が強調され、実に美味しい!!
それにクリーマーで作ったフォームド.ミルクを沢山いれてカフェ.ラテ
さらにシナモン.シュガーをふりかけて.カプチーノ...自宅ではエスプレッソを
ダブルより少し多めに 淹れてもらうので.呑みながらいろいろと味が変化するのである。

デミタスカップ........CAFE & ANTIQUES NANCYにて使用の商用カップ
[PR]
by snowpeaker2002 | 2006-02-12 23:58 | 雑機?帳!!

エステート...ステーションワゴン...

今日は車の話、、、自分の中で大好きな車、一般的な呼び名でステーションワゴン?現代的な呼び名でエステート?昔はカスタムとか?でも形はバン? 現在 所有しているステーションワゴンもかなり気に入って購入したものである、要するに、大量なキャンプ道具や少し大きめな荷物や自転車、大切な人、家族、友人など 快適に 高速に 移動する空間、豪華な装備は不要、適度な大きさは必須、しかし 大きな車は世の中に沢山デビューしているが、デザインや広さや装備が 的を得ていない、シンプルがいいのである。
e0028485_1263950.jpg

このモデルは1967年に発売された トヨペットクラウンカスタム MS52 四代目 4ドアステーションワゴン、デザインは同じで 4ドアライトバン MS56Vと 当時は最高級ワゴンとして高嶺の花の存在、後ろには二人掛けのサードシートもあった、バックドアは横開きの8人乗りワゴン、
e0028485_1375038.jpg

リヤのデザインは気品があり、お洒落な感じがあふれる いかにも静かに走りそう、1962年にトヨペット マスターライン RS46V クラウンの三代目ライトバンも 好きなデザインで洒落た気合いを感じさせる、トヨペットと名の付いた車は当時 関東自動車工業で製造された、ここの会社はトヨタグループに入る前は関東電気自動車で主に電気自動車の設計 製造をしていたたしか時代は1940年頃の話で、ガソリン内燃機が主流となり、僅かな台数しか製造に至らなかったようだ、ガソリンがイケイケの時代だったんですね。

 画像は トミカ リミテッド ビンテージ LV-21 S=1/64
[PR]
by snowpeaker2002 | 2006-02-08 02:01 | 雑機?帳!!

大雪警報!!

二月三日    節分....
今日の帰り道は過酷だった、夜少し残って勤務先で調べ物をして
ふと気が付くと 外は凄い吹雪になっていた、
雪の降り方も多いところにもって来て、さらに強風ときた、
10時30分に 慌てて会社を出る
自宅まで約37km.の道のり....当然、高速道路も通行止、
道路は除雪もしていない為 雪でガタガタ凸凹。
大型トラックの後ろに付いてしまうと、ホワイトアウト状態で
何も見えなく、視界はZERO、 自宅に近づくにつれて街灯は無く
交通量も少ないため 道路上にもサラサラの雪が30cm.程、積もって
対向車とすれ違うと、しばらくの間、真っ白で何も見えず・・・
e0028485_1553768.jpg

あ~しんどかった、
途中、ヒーターはMAXでデフロスターにしていても
フロントガラスが凍り付いて、ワイパーは浮き気味で効かなくなるし...
なんとか家にたどり着くと 車の後ろはこんな感じ・・・
e0028485_21429.jpg

フロント側は30~40cm.の深雪をこいで走行するため
20km/hもスピードが出るとナンバープレート~フロントバンパー~グリルとヘッドランプ~ボンネット~フロントガラスと雪がすくわれるようになり、当然ワイパーは効かない
いわゆるボンネットで雪をこぐ状態...何も見えなくなりさらに減速する事になる、
ヘッドランプも雪でこんな状態で...
e0028485_213254.jpg

これでも家に着いてフロントガラスの氷と雪を落とした状態なんです
一年に3回程こうなってしまう、なかなか生きた心地がしない...
ホイールの中も雪が詰まってしまい、明日の朝はブレーキが効かない、
FF車の為、こんな天候下では心細いのであります。
明日の朝も大変そう!!!
[PR]
by snowpeaker2002 | 2006-02-04 00:15 | 雑機?帳!!

アンティーク 琺瑯

むかし、むかしの 食材保存容器

小麦粉専用 琺瑯フラワー缶、

今から 約80年ほど前のイングランドの製品、

e0028485_2361519.jpg


生活実用品のアンティーク、FLOURの黒文字は焼付け塗装

白い琺瑯は分厚く 重量は見た目よりある

デザインは多種に及ぶが、これは蓋がドーム状に丸く、文字が黒、比較的大きめ、

構造は底の丸い鉄に四角い鉄板を筒状に丸めて溶接する

80年前なので現代のプレスで延ばした製造方法ではない、

雑貨屋さんで今も販売しているリプロダクションの製品と比較すると

やはりこのFLOUR缶の80年の時間の重さが語りかけてくるようでもある。

        MADE IN ENGLAND.1920~1930年製 

               ANTIQUE FLOUR BIN.
[PR]
by snowpeaker2002 | 2006-02-02 00:04 | ANTIQUES